ファンコニー症候群の詳しい情報を集めたメディカルライブラリ

データアーカイブ一覧

TOP >後天性記事テスト

データアーカイブ

後天性記事テスト

メイン画像

疾患の特徴、主な治療方法はバセンジーの遺伝的FCSと変わらないが、その原因は二次的で後天的であるため、完治の可能性がある。

FCSを起こす物質はある程度知られているが、それ以外の物質によって引き起こされる場合も十分考えられる。

筆者は2頭の後天性FCS罹患犬(非バセンジー)に遭遇したが、いずれも原因物質は特定できなかった。

1頭は完治し、1頭は安定しているが、発病8ヵ後の現在も完治はしていない。

疾患の特徴、主な治療方法はバセンジーの遺伝的FCSと変わらないが、その原因は二次的で後天的であるため、完治の可能性がある。

FCSを起こす物質はある程度知られているが、それ以外の物質によって引き起こされる場合も十分考えられる。

筆者は2頭の後天性FCS罹患犬(非バセンジー)に遭遇したが、いずれも原因物質は特定できなかった。

1頭は完治し、1頭は安定しているが、発病8ヵ後の現在も完治はしていない。

疾患の特徴、主な治療方法はバセンジーの遺伝的FCSと変わらないが、その原因は二次的で後天的であるため、完治の可能性がある。

FCSを起こす物質はある程度知られているが、それ以外の物質によって引き起こされる場合も十分考えられる。

筆者は2頭の後天性FCS罹患犬(非バセンジー)に遭遇したが、いずれも原因物質は特定できなかった。

1頭は完治し、1頭は安定しているが、発病8ヵ後の現在も完治はしていない。

サムネイルテスト

医療従事者の方向けfor Health Care Professionls

お問い合わせはこちら

獣医療関係者の皆様とファンコーニ症候群に関する情報や共有を目的としているため、一般の方々への医学的なアドバイスや使用方法等を説明する目的のものではございませんのでご了承下さい。