ファンコニー症候群の詳しい情報を集めたメディカルライブラリ

データアーカイブ一覧

TOP >遺伝性ファンコーニの犬種

データアーカイブ

遺伝性ファンコーニの犬種

日本では圧倒的にバセンジーという犬種の遺伝疾患として知られていますが、他にもノルウェージャンエルクハウンド、過去にはシェルティも遺伝性ファンコーニの犬種リストに上がっているのを見たことがありましたが、真偽は定かではありません。

2015年改訂版のゴントー医師のプロコールでは、シルバーコッカスパニエルも遺伝性ファンコーニの犬種として加えられていました。

シルバーコッカスパニエルは聞きなれない犬種ですが、シルバーというよりベージュカラーのアメリカンコッカスパニエルのようで、大変珍しいようです。

バセンジー自体、日本での全体の犬飼育頭数からすると非常に少ない犬種ですが、バセンジー以外の遺伝性ファンコーニ犬種は日本ではほとんど見ることはないかと思われます。

しかし、日本においてもバセンジーのファンコーニ発症率はかなり高いと思われます。同じペアで繁殖を繰り返している限り、遺伝疾患は淘汰されません。

獣医師なら、バセンジーの場合、常にファンコーニの可能性を頭の片隅に置いておくべきですが、もちろん犬として他の疾患にも同じように可能性があるわけですから、すべてをファンコーニに結びつけてはいけませんね。

contents-01_img_03

医療従事者の方向けfor Health Care Professionls

お問い合わせはこちら

獣医療関係者の皆様とファンコーニ症候群に関する情報や共有を目的としているため、一般の方々への医学的なアドバイスや使用方法等を説明する目的のものではございませんのでご了承下さい。