ファンコニー症候群の詳しい情報を集めたメディカルライブラリ

データアーカイブ一覧

TOP >ゴントープロトコールGonto Protocol 2015 日本語訳

データアーカイブ

ゴントープロトコールGonto Protocol 2015 日本語訳

Fanconi Disease Management Protocol for Veterinarians

獣医師向けファンコーニ病の管理プロトコール

by Steve Gonto, MMSc, PhD, Medical Sciences

スティーブ ゴントー 医師  医学博士 著

Revised 2015

2015改訂版

 

日本語訳 黒田美奈子 獣医師

訳注は2015年10月現在のものです

 

Definition: Renal Fanconi Disease is a unique disorder distinct and unrelated to Fanconi Anemia. Renal Fanconi is a reabsorption failure in the nephrons causing bicarbonate, proteins and amino acids; as well as sodium, potassium, calcium, phosphorus and glucose, to be lost via urine excretion. The resultant solute diuresis can cause dehydration, electrolyte imbalances, vitamin and mineral deficiencies and metabolic acidosis. Left uncorrected, these imbalances can result in multi-system failure and death. Renal Fanconi can be genetic in origin, as seen frequently in Basenjis, Norwegian Elkhounds and certain “fancy silver “Cocker Spaniels. The gene can also be found more rarely in any mammal (including humans). Additionally, it can be induced or aacquired, as has been the case with many different breeds of dogs, cats and horses over the last few years. The AVMA speculates this is due to ingestion of tainted treats (primarily Chicken or Duck). Consult the AVMA website for updates.

https://www.avma.org/News/Issues/recalls-alerts/Pages/Safety-Alert-on-Jerky-Treats-for-Pets.aspx

 

定義

腎疾患であるファンコーニ症候群は、ファンコーニ貧血とは全く関連性のない特異的な障害である。腎性ファンコーニは、ネフロンにおける重炭酸、タンパク、アミノ酸がNa, K, Ca, Phos,そして糖の再吸収障害を引き起こし、尿中へ排泄され喪失する。結果として生じる溶質利尿は、脱水、電解質のアンバランス、ビタミン、ミネラルの欠乏、代謝性アシドーシスを引き起こす可能性がある。これらを放置すると、これらのアンバランスは多臓器不全や死に至る。

腎性ファンコーニの原因は遺伝性であり、バセンジー、ノルウェジャンエルクハウンド、そしてある種の“とてもきれいなシルバー”のコッカスパニエルに多く見られる。この遺伝子は、人も含めてあらゆる哺乳類にごく稀だが発見されることがある。また、これらの障害は後天的に誘発されたり獲得され得ることが、この数年間、犬、猫、馬の多くの異なった品種での症例が報告されている。

AVMA(American Veterinary Medical Association: 米国獣医師学会)は、汚染されたトリーツの経口摂取(主にチキン、カモ)によるのではと推察している。これについてのアップデイトはAVMAウェブサイトで見ていただきたい。

https://www.avma.org/News/Issues/recalls-alerts/Pages/Safety-Alert-on-Jerky-Treats-for-Pets.aspx

 

Induced Fanconi and genetic Fanconi present with the same symptoms, and respond successfully to the same therapy. With genetic Fanconi, the disease is usually progressive, but with appropriate treatment, the statistics indicate a dog can live their normal life expectancy if their deficiencies and acidosis are addressed. With induced Fanconi we have found a number of dogs and cats, if supported through the life- threatening period of the event, can regain some, or all, normal renal function; and many have weaned partially or fully of Protocol support within a year, based on improving follow up lab studies.

 

後天的に誘発されたファンコーニと先天的遺伝性ファンコーニは同様の症状を呈し、同じ治療法で十分反応する。遺伝性ファンコーニは進行性だが、適切な治療法を行うことで、統計的には、欠乏症やアシドーシスを適切にコントロールできていれば、罹患犬は問題のない普通の生活を送ることが期待できるということを示唆している。後天性ファンコーニについては、その原因となった生命を脅かす時期をうまく対処できていれば、多くの犬猫が、完全にまたは部分的に腎機能を回復している。その多くが、検査結果が改善することで、1年以内にプロトコールによる治療を完全に終了、または一部継続に移行している。

 

Diagnosing Fanconi: In a Basenji, Norwegian Elkhound or Cocker Spaniels, PU/PD with glycosuria, on URINALYSIS, in the absence of elevate blood glucose, is almost always Fanconi, unless proven otherwise. In approximately 3000 canine cases, only twice, to date, was the glycosuria caused by another issue (one a renal tumor, another was insecticide toxicity). In other breeds of dog, or in cats, with these findings, ingestion of chicken “jerky” or breast” treats”, should be investigated and discontinued if in use. Other possible causes of “acquired” or induced Fanconi include zinc toxicity, such as from constant licking of zinc coated fence material, ingesting outdated tetracycline, or exposure to high levels of organophosphate insecticides. Fortunately, blood gas and chemistry results are essentially the same for genetic and acquired Fanconi, and both respond equally well to the same Replacement Protocol Management.

 

ファンコーニの診断

遺伝性である、バセンジー、ノルウェジャンエルクハウンド、非常に稀だがシルバーコッカスパニエルにおけるファンコーニの診断は、PUPDを伴い、血糖値の上昇を伴わない尿検査における尿糖検出でほとんど診断可能であり、その他は必須ではない。おおよそ3,000頭にわたる犬の症例ではこれまでたった2頭だけが、他の原因からの尿糖陽性だった。(一例が腎腫瘍、もう一例は殺虫剤による中毒だった) またこれらの所見を伴う他の品種の犬猫においては、チキン”ジャーキー”や胸肉の”トリーツ”の経口摂取の有無を調べ、もし与えていたら中止すべきである。その他に考えうる誘発性および”後天性”ファンコーニは、フェンスに塗装されている亜鉛を含む塗料を継続的に舐めているような亜鉛中毒、期限切れのテトラサイクリンの経口投与、高濃度の有機リン系殺虫剤への曝露が考えられる。幸運にも、血液ガス検査や血液生化学検査は、遺伝性、後天性ファンコーニで基本的な違いはなく、どちらも同じ補充管理プロトコールで充分対処できる。

 

The absolute diagnostic and therapy defining test is a VENOUS BLOOD GAS. No other test has been shown to provide the needed information to both diagnose and treat this disorder. Blood gas technique will be discussed later in this Protocol.

 

確定診断と治療法の決定には静脈血液ガス検査が必須であり、他の検査ではこの疾患の確定診断も治療に必要な情報も全く得られない。血液ガス検査手技についてはこのプロトコールの後半で詳細を述べる。

 

A Fanconi-afflicted patient, be they canine, feline, equine, human or any other mammal, will show a lowered HCO3 value on their blood gas panel (normal HCO3 being 24), and a negative Base Excess (normal being 0), indicating bicarbonate loss.

 

ファンコーニ罹患した患者は、犬であれ猫、馬であれ、人であれ、その他の哺乳類であっても血液ガス検査でHCO3: 重炭酸値が低下する。(重炭酸 HCO3標準値は24)、さらにBE(過剰塩基)の低下(正常値は0)もまた、重炭酸値の喪失を示している。

 

Normal physiology is designed to compensate for acidosis in multiple ways in order to maintain a normal pH level, and thus a normal pH is not indicative of the absence of Fanconi. In cases where your blood gas analyzer only provides a pH and pvCO2, you can go online and find many free Henderson-Hasselbalch calculators which allow you to calculate an HCO3 and Base Excess.

http://www-users.med.cornell.edu/~spon/picu/calc/basecalc.htm

 

 

正常な生理機能では、pHを正常に維持するために様々な方法でアシドーシスを代償する能力が備わっている。そしてそのように正常なpHを示しているからと言って、ファンコーニではないと示しているわけではない。これらの症例では、血液ガス検査だけがpH, pvCO2(静脈血炭酸ガス分圧)を測定でき、インターネットで無料のHenderson-Hasselbalch calculators(ヘンダーソン・ハッセルバルヒの式)を探し計測値を求める。この式を用いるとHCO3やBEを計算式で求めることができる(訳注: 現在日本で使用されている各社の血液ガス検査機では、自動的にこれらの値は計算され表示されていることが多く、自分で計算する必要はないと思われる)

 

http://www-users.med.cornell.edu/~spon/picu/calc/basecalc.htm

 

Also indicated would be a BLOOD CHEMISTRY panel which includes calcium, potassium, phosphorus, BUN, and creatinine.

 

また、血液生化学検査値では、Ca, K, Phos, BUN, Creを測定する必要がある。

 

Fanconi pets diagnosed and treated early will usually have normal BUN and Creatinine values; whereas those diagnosed later in their disease will show some azotemia which may require modification of the Protocol to address both the Fanconi (failure to reabsorb solutes from the urine) and renal insufficiency (failure to lose toxic solutes in the urine), which are “opposing clinical disorders”.

 

ファンコーニの動物は早期に診断され治療が開始されれば、通常はBUNもCreも正常範囲内を示すが、一方で診断が遅れた場合は、高窒素血症が認められ、ファンコーニ(尿中へのの再吸収障害による栄養素喪失)と糸球体腎不全(尿中への毒素排泄障害)の両方が存在するため、プロトコールの部分的修正版を用いる必要がある。これらは“臨床的に相反する障害”である。

 

For Basenjis, a genetic test is offered by the Missouri College of Veterinary Medicine, through the Orthopedic Foundation for Animals. Links to this test, as well as to other Fanconi related topics, including this Protocol, can be found via the American Kennel Club Canine Health Foundation website at: http://www.akcchf.org.

 

バセンジーにとっては、遺伝子検査が、OFA(Orthopedic Foundation for Animals: 動物整形外科財団)を通して、ミッソーリ獣医科大学によって、提供されている。このウェブサイトへのリンクは、他のファンコーニ関連の情報やプロトコールも同様に下記のアメリカケンネルクラブ犬の健康財団 ウェブサイトから見つけることができる。

American Kennel Club Canine Health Foundation website     http://www.akcchf.org.

 

 

Even a negative genetic test in a Basenji is not 100% accurate, so any Basenji should still be watched for potential symptoms of Fanconi. A positive genetic test in a Basenji is reason to perform a “baseline” VENOUS blood gas (never arterial), as we have found some dogs spilling bicarbonate at six months of age. This is far earlier than the earliest onset of glucosuria we have seen, which was at three years of age. Dogs testing positive for the Fanconi gene, but having a normal baseline blood gas, should be followed at home with monthly urine glucose/ketone test strips, and a blood gas and chemistry repeated immediately if urine glucose is detected. Ideally, annual venous blood gasses can be done as part of their routine health visit, to detect possible bicarbonate loss even earlier.

 

遺伝子検査が陰性だったバセンジーであっても100%ファンコーニではないとは言えない。全てのバセンジーはファンコーニの症状が潜伏している可能性があり、注意深く観察しておく必要がある。遺伝子検査が陽性のバセンジーは静脈血液ガス検査(動脈ではない)を“定期検診”として行うのが理にかなっているだろう。それは我々が生後6ヶ月齢で重炭酸が漏出している犬を何頭か発見しているからだ。これは、我々が知る限り、最も早く尿糖が確認できた3歳齢よりもさらに若齢である。遺伝子検査で陽性の場合、血液ガス検査が問題なくとも、毎月自宅で尿糖検査を飼い主が行うべきである。ファンコーニ遺伝子検査の陽性例では、血液検査には問題ないが、毎月尿糖/ケトン試験紙で飼い主が自宅でモニターしておくべきである。もし尿糖が陽性になった時にはすぐに血液ガス検査や血液生化学検査を行わなければならない。毎年1回の静脈血液ガス検査は、定期健康診断の一部として行うのが理想的だ。できるだけ早期に重炭酸の喪失を発見できるからである。

 

Treatment Goals and Clinical Efficacy: Our therapy goal is to eliminate the metabolic acidosis by supplementing a replacement dose of bicarbonate, thus eliminating the metabolic workload of a “respiratory compensation for metabolic acidosis”. The pet will be using this supplementation to keep their pH normalized for as long as possible. We will also seek to normalize the pet’s electrolyte, vitamin and protein levels by compensating for the losses. In short, we are replacing the losses to achieve a normal functional set of lab values, and in doing so we either arrest, or dramatically slow any further progression of the disease or disorder. One peer-reviewed article in the AVMA journal established that dogs treated with the Protocol lived essentially normal lifespans, with a high quality of life, whereas without treatment, dogs succumbed to Fanconi in approximately eighteen months after onset of symptoms.

http://avmajournals.avma.org/doi/abs/10.2460/javma.2004.225.377

 

 

治療のゴール及び治療効果:

我々の治療のゴールは、重炭酸の補充によって代謝性アシドーシスを治療、除去することであり、したがって、それは代謝性アシドーシスによって起こる“代償性呼吸負荷”を軽減することでもある。できるだけ長く血中pHを正常化し続けるためにこの補充療法を継続する。また同時に、電解質、ビタミン、タンパク質を喪失分を補充することで正常化するよう試みる。要するに、検査値の正常レベルを維持するため、喪失分を補充しようとしているということである。そうすることで、この障害、疾患のいかなる進行をも劇的に遅らせ、停滞させている。

AVMAのジャーナルに掲載された論文では、このプロトコールで治療し、標準的な犬の寿命とほぼ同じくらいの年齢まで、QOLを保ち生存した犬の症例に対し、無治療のファンコーニ罹患犬群が、発症後約18ヶ月で死亡していることを報告している。

http://avmajournals.avma.org/doi/abs/10.2460/javma.2004.225.377

 

Treatment Recommendations: A Basenji-size dog (Appx 30 lbs or 13.6 Kg), after diagnosing Fanconi via loss of bicarbonate on a Venous blood Gas panel, would begin with the following eight step regiment;

 

推奨治療:

バセンジーサイズの犬 (約15kgまたは13.6kg)で、血液ガス検査による重炭酸喪失でファンコーニと診断された場合、以下の8項目を進行段階に応じて実施する。

 

  1. Three ten-grain SODIUM BICARBONATE ANTACID TABLETS (650 mg each) BID, given intact in a small food treat. (Recommended starting doses for other size pets is listed below). Soft cheese slices, peanut butter rolled into balls, cream cheese, small quantities of cat food or cooked meat are all fine for pill-hiding. More pill-hiding ideas from the Fanconidogs support group can be found at:

 

http://basenjicompanions.org/2012/11/17/how-to-hide-that-yucky-pill/

 

  • 10グレイン(約650mg)の重炭酸ナトリウム制吐剤(重層 )3錠 1日2回を少量のフードとともにそのまま割らずに投与する。(他のサイズのペットの場合の推奨開始投与量は下記に述べている)

軟らかいスライスチーズやボール状に丸めた少量のピーナッツバター、クリームチーズ、少量のキャットフードや加熱した肉などに錠剤を隠して与えても良い。この他にも、錠剤を隠す良い方法が、ファンコーニ犬をサポートしているグループのウェブサイトにあるので参考にすると良い。

http://basenjicompanions.org/2012/11/17/how-to-hide-that-yucky-pill/

 

1)

 

“Pill Pockets” brand pill-hiding treats, while useful in many situations, blocks bicarbonate absorption, and should not be used here. Below is a home-made pill hiding formula that can be safely used with bicarbonate, and all Fanconi supplements. It is easily made, can be formed into small, easily swallowed “balls” around pills, and tends to be well accepted by canine patients.

 

Two tablespoons of all-purpose flour

One tablespoon of milk

One Tablespoon of smooth peanut butter

 

Mix together in glass or metal bowl, then finish by kneading like dough in hands until evenly blended. This dough can be kept in a sealed container in the refrigerator to make small pill hiding balls.

 

“ピルポケット”などの錠剤を隠して投与するトリーツも多くの場合は有用だが、重炭酸ナトリウム剤(重曹)の場合、吸収を妨げてしまうので、ファンコーニ犬の場合は使わないほうが良い。

下記に自宅で作れる錠剤を隠すレシピを記しておく。これは重炭酸ナトリウム剤(重曹)の投与や他のファンコーニ犬に使われるサプリメントにも安全で問題ない。簡単に作れて、少量で錠剤を隠し飲み込みやすい。多くの犬に使いやすいはずだ。

 

材料

小麦粉 大さじ2

ミルク 大さじ1

ピーナッツバター スムースタイプ 大さじ1

 

これらをガラスか金属製のボウルに全部入れてよく混ぜ、均一に混ざるまでよく生地を手でこねるだけで出来上がる。これを錠剤を隠すために使うため、冷蔵庫で密封容器に入れて保存する。

 

 

Recommended Sodium Bicarbonate Starting Dose-Canine and Feline

(upon Venous Blood Gas confirmed Fanconi Diagnosis)

 

推奨される犬と猫への重炭酸ナトリウム(重曹)開始投薬量

(静脈血液ガス検査に基づきファンコーニと診断された場合)

 

Pet Body Weight—————– Starting Dose of Sodium Bicarbonate

ペットの体重                    重炭酸ナトリウム剤(重曹)の投与開始量

 

0-5 lbs (0-2.27 Kg)———————– 1 ten grain tablet (650 mg) P.O. BID

2.27kg以下                                     650mg BID 経口投与

6-10 lbs (2.28-4.45 Kg)——————2 ten grain tablets (1300 mg) P.O. BID

2.28-4.45kg                                   1300mg BID 経口投与

11-35 lbs (5-15.91 Kg)——————-3 ten grain tablets (1950 mg) P.O. BID

5-15.91kg                                     1950mg BID 経口投与

36-55 lbs (16.36-25 Kg)—————-4 ten grain tablets (2600 mg) P.O. BID

16.36-25kg                                    2600mg BID 経口投与

56-90 lbs (25.45-40.9 Kg)————-5 ten grain tablets (3250 mg) P.O. BID

25.45-40.9kg                                 3250mg BID 経口投与

>91 lbs (>41.36 Kg)———————6 ten grain tablets (3900 mg) P.O. BID

41.36kg以上                            3900mg BID 経口投与

 

Horses can be started on 10 ten grain tablets (6500 mg) P.O. BID (hidden in apple slices)

 

馬は6500mg BID経口投与で開始する(薄く切ったリンゴに隠すと良い)

 

In dogs who are very athletic, or involved in activities such as lure coursing, an additional bicarbonate tablet can be given half an hour prior to the activity and another single tablet given immediately afterwards, to help the body compensate for the additional CO2 and lactic acid loads.

 

From this starting dose we will recheck a VENOUS blood gas in approximately two weeks, aiming for a “window” of between six and eight hours after the last bicarbonate dose, to avoid peaks and troughs.

We are aiming for our goal of a 20-22 mEq/L (same as mmol/L) reading on the HCO3. You can titrate the Sodium Bicarbonate dose up or down to achieve this goal range, adding or subtracting one bicarbonate tablet BID, as needed. We try and keep all dosing BID to maintain stable blood levels of our supplements.

Sodium bicarbonate is OTC and best obtained in 1000-count bottles, which are very low in cost. While I don’t endorse brands, we have found RUGBY to be very” bioavailable” and easily dissolved in canine GI tracts. Likewise Lily and URL have been used with success in our patient population.

 

競技用やアジリティ、過激なボール遊びなど活動量の多い犬の場合は、競技の30分前に1錠重炭酸ナトリウム剤(重曹)錠を与えておく。さらに競技終了後すぐにもう1錠与える。これは激しい運動によるCO2と乳酸の増加を代償するためである。

この開始量で投薬を始め、約2週間後に、重炭酸ナトリウム(重曹)最終投与から6-8間後、静脈血液ガスを再検査する。これは投薬後の最高血中濃度でもなく最低血中濃度でもない値を測定するため、この時間帯に設定する。HCO320-22mEq/L(mmol/Lも同じ)範囲に持っていくことがゴールである。この目標値を達成するために、必要に応じて重炭酸ナトリウム剤(重曹)投与量を121錠ずつ増減してコントロールする。補充療法により血中濃度を安定して維持するために、いかなる投与量であっても、必ず12回投与とする。

重炭酸ナトリウム剤(重曹)錠は市販されており(訳注:日本では薬としては薬局などで購入できない。市販されているものは、純度や投薬量を正確に測りにくいため、必ず獣医師が、制吐剤として人用に認可されている重曹錠を獣医師の責任において処方する)、1000錠入りのボトルがコスト的にも最も良い。どのブランド(銘柄)が良いかはわからないが、RUGBYというブランドがある。これは、犬の消化管でもたやすく溶解する。同様にLilyやURLというブランドも、飼い主の間でよく使われており、問題ない。

 

 

** Please note: CITRATES, such as UroCit-K have been postulated in the literature as a treatment for metabolic acidosis. In many early trials we had zero success with these techniques. Only Sodium Bicarbonate worked effectively as a buffer to the metabolic acidosis of Fanconi.

 

注意:

UroCit-Kのようなクエン酸塩は代謝性アシドーシスの治療薬として文献には述べられ、一般的に広く受け入れられているが、初期の頃の多くの試みで、ファンコーニの代謝性アシドーシス改善にはクエン酸塩は全く役に立たなかったという経験をしている。重炭酸ナトリウム剤(重曹)のみが、ファンコーニの代謝性アシドーシスの緩衝剤としては効果を持つということを忘れないでほしい。

 

Additional CRITICAL components of the Protocol are based on almost 30 years of experiencing all the different permutations and losses that can occur with this disorder. Omission of any component can have unforeseen consequences.

 

プロトコールにおいて予後を左右するような重要な項目

プロトコールにおいてさらに予後を左右するような重要事項が、約30年で経験されたあらゆるこの疾患とともにおこる変化や喪失に基づき追加されてきた。このプロトコールで述べられているいかなる項目をも怠ることは、思いがけない重大な結果をもたらすことになるだろう。

 

 

  1. 2. Any complete canine or feline vitamin/mineral replacement product given BID. Example, PET TABS AF (Advanced Formula). This was previously Pet Tabs Plus.

 

2) 犬用猫用のビタミン/ミネラルの総合サプリメントは全てBIDで与える。例えば、ペットタブAF(高濃度処方)。これは以前はペットタブ プラスと呼ばれていたものと同製品である。(訳注: 現在日本ではペットタブは入手できるが、ペットタブ プラスは入手できない。ペットタブはペットタブプラス、ペットタブAFの半分の濃度なので、2倍量与えることで同量となる)

 

  1. 3. Any calcium/vitamin D/phosphorus replacement product (usually sold for lactating females), BID. Example, PET TABS CF (calcium formula), previously Pet Cal. This is given even if the measured blood labs show normal calcium or phosphorus levels, since we know these are lost in Fanconi, and the measured levels are due to sequestration out of bone and tissue. We only withhold this supplement in cases of renal insufficiency, where phosphorus levels tend to rise. Smaller dogs and cats can get a half-dose BID. Larger dogs do NOT need more than the one tab BID.

 

3) Ca/ビタミンD/リンのサプリメント(大抵は授乳中のメス用に販売されている)もまた、必ずBIDで与える。例えば、ペットタブ CF (PET TABS CF: Ca製剤)は以前 PET CALと呼ばれていた製品だが、これは血液検査でCa値やリンの値が正常範囲内であったとしても、ファンコーニでこれらが喪失するということが明らかなので、与えておくべきということになった。通常測定値が正常であっても、骨や組織中の貯蔵場所から喪失分が補われているからだ。しかし、血中リンの値が上昇する傾向がある腎不全の症例にだけは、このような補充は見合わせている。

小型犬猫には半量BIDで良い。大型犬でも1錠BIDで十分である。

 

 

  1. 4. One tablet or teaspoon of human “complete body building amino acid” formulation WEEKLY. Example, Amino 1000 (formerly Amino Fuel) by Twinlabs.

 

4) 人用の“総合アミノ酸製剤”を週に1、1錠または小さじ1杯与える。例えば、Twinlabs社から販売されているアミノ1000 (Amino 1000:以前は Amino Fuelという名称)

 

 

  1. 5. One complete “human” vitamin WEEKLY to cover for trace element losses we have seen in Fanconi dogs, but which are not included in most canine or feline formula’s.

 

5) 人用のビタミン剤を、ファンコーニ犬でよく見られるような電解質喪失をカバーするため、

週に11錠投与する。これらは犬や猫用のフードには含まれていないからである。

 

Example, CENTRUM COMPLETE, or Flintstones Complete vitamins. The canine or feline multivitamin doses can be skipped on the day the human vitamin is given. The Amino Acid and Complete Vitamins can be given on the same day of the week for ease of compliance. Smaller dogs and cats can receive half of a tablet weekly, but larger dogs do NOT need more than the one tablet weekly.

 

例えば、CENTRUM COMPLETEや Flintstones Completeビタミンなどが適している。犬猫用のマルチビタミン製剤は、人用のビタミン剤を投与した日には与えなくてよい。 アミノ酸や総合ビタミン剤は、コンプライアンスを簡単にするために、週に1回同じ日に与える。小型犬や猫は、週に1回半錠でよいが、大型犬でも週に1回、1錠で十分である。

 

  1. Fresh water should always be available. Filtered water is best. Any in date refrigerator filter, tap-end filter, such as Brita, Pur or Culligan is fine, as are filter pitchers.

 

6) 新鮮な水は常に飲めるようたっぷりと用意しておく。ろ過した水は最もよい。BritaやPur、Culligenなどの”有効期限内”のフィルター、冷蔵庫に設置の浄水装置、水道蛇口の浄水器、フィルター付きのピッチャー、水さしでもよい。

 

 

  1. Unless the dog shows azotemia, a good quality, higher protein dog food is optimal to address the protein losses inherent with Fanconi. Usually something in the 21-28% crude protein level for dry, is optimal. Examples include Wellness, Natural Balance, Merricks, etc. Avoid foods higher than 28% in Basenjis, as BUN/creatinine elevations have been noted just from feeding these ultra high protein foods. In addition to this dry food, please add at least a can a week of wet meat based food, to add additional long-chain amino acids and phosphorus. Again, many good quality foods are available – or cooked meat may be used as well.

 

7) 犬が高窒素血症を呈していない限り、高品質の高タンパクのドッグフードを遺伝性ファンコーニには与える。通常は粗タンパク21-28%が最適なドライフード指標である。例えば、Wellness, Natural Balance, Merricksなどがこれにあたる。バセンジーでは、粗タンパク28%以上のフードは避けたほうが良い。バセンジーにおいては、このような非常にタンパク含有率の高いフードを与えているだけで、BUN/Creの血中濃度が上昇するということも報告されている。

適切なタンパク含有フードに加え、少なくとも週に1回は、肉ベースのウェットフードを1缶と長鎖アミノ酸やリンを与える。もちろん多くの他の高品質のフードも与えてよい。加熱した肉も同様与えてよい。

 

  1. 8. Supplementation of the multivitamins will correct the issue. If hypokalemia persists on the follow-up lab work, then potassium supplementation may be needed. OTC potassium gluconate tablets, which are safe and inexpensive, often suffice for increasing levels to normal. In the USA, OTC potassium gluconate tablets contain 99mg of potassium (regardless of the potency listed on the front of the bottle) may be used. (Always check the back ingredient list). Starting dose would be one tablet BID, and can be increased to three BID as needed to restore normal blood potassium levels. If the OTC preparation does not bring the levels up sufficiently, then prescription Tumil K (2 mEq /tab) or UroCit-K, (5 mEq /tab) sustained release tablet (do not cut these), can be used. Some dogs have taken up to three UroCit-K BID to achieve normokalemia.

 

8) マルチビタミン(総合ビタミン)の補充は、状態の改善に役立つ。低カリウム血症が血液検査で持続していたら、カリウムの補充が欠かせない。OTC(薬局などで買える)のグルコン酸カリウム錠は安全で安価である。正常値まで増加すれば十分である。米国では、OTCのグルコン酸カリウム錠は99mg(訳注:2.5mEq)のカリウムが含有されている (ボトルの正面ラベルに明示されていなくても)製剤が使われている。(必ずボトルの背面の成分をチェックする)

(訳注:日本ではカリウム剤は市販されていない。獣医師が検査値に基づいて処方する。アシドーシスの改善も考えれば、グルコン酸カリウムが最適だが、クエン酸カリウムやアスコルビン酸カリウムもカリウムの補充というだけなら問題ないと思われる)

初期開始投与量は、1錠BIDでよいが、正常血中カリウム濃度に戻るまで、必要であれば、3錠BIDまでは増量してよい。もし、OTCでは正常血中濃度に達しないようなら、Tumil K (2 mEq /tab) 又はUroCit-K, (5 mEq /tab)徐放剤が使えるが、これらは決して錠剤を分割してはいけない。

血中カリウム濃度を正常範囲に維持するためには、UroCit-K最高で 3錠BIDが必要だった犬の症例もあった。

 

By following these eight simple steps, we have achieved remarkable success in the long term, healthy maintenance of pets with this previously fatal illness.

 

After initial blood-work and starting on the Protocol, a repeat venous blood gas and blood chemistry panel is recommended at two weeks for dogs with severe symptoms, or eight to ten weeks for dogs whose symptoms are minor. Again, wait six to eight hours after the last bicarbonate dose to draw the Venous Blood Gas for accuracy. No” fasting” is needed for any Fanconi follow-ups.

 

これら8つの簡単な項目を継続することによって、以前は致死的な疾患と云われてきたペットたちの健康状態を維持し、驚くほど長期間の成功を収めることができてきたのだ。

最初の血液検査とプロトコール開始後、血液ガスと血液生化学検査は重症例では2週間後に行う。重症でなければ、8-10週間後でよい。再度繰り返すが、検査の正確さを期すために、重炭酸ナトリウム剤(重曹)の最終投与から6-8時間後に必ず採血する。ファンコーニにおいては検査前の“絶食”は必要ない。

 

Once stable, many dogs and cats get blood-work repeated only during their six month health checkups, or as symptoms dictate. A pet whose blood-work is returned to relatively normal, should have no issues until reaching the renal insufficiency inherent with old age, and that is dealt with exactly as with the” renal insufficiency” Protocol addendum below.

 

一旦、安定したら、多くの犬猫は6ヶ月ごとの健康チェックのための血液検査でよい。または症状が再発した時で良い。血液検査が比較的正常範囲に回復した場合は、老化による遺伝性の腎不全を発症するまで問題は起こらないだろう。その時こそ、下記に追加しておいた”腎不全併発”プロトコールを用いて対処してほしい。

 

Renal Insufficiency Hybrid Protocol :Dogs or cats with elevated BUN/creatinine levels should remain on the” standard “+Protocol, listed above, with the following modifications;

 

腎不全併発プロトコール:

BUN/Cre値が上昇した犬猫は、上記のファンコーニの“標準”プロトコールを継続した上で、以下の修正版も必要となる。

 

  1. Due to decreased renal flow or urine concentration, pets often have a decreasing loss of bicarbonate, so a reduction of their bicarbonate dose, based on the measured Venous Blood Gas HCO3 level may be indicated to keep them in the 20-22 range.

 

  1. 腎還流や尿濃縮能の低下のために、動物たちはしばしば重炭酸喪失が逆に減少することがおこる。それで血液ガス検査のHCO3値に基づき、HCO3値を20-22の範囲に維持するために、重炭酸投与量を減らすよう指示しなくてはならないこともある。

 

  1. Due to increasing phosphorus levels, we stop the calcium/phosphorus supplement in these pets.

 

2, リン血中レベルの増加により、Ca/リンのサプリメントをこれらの動物たちでは中止する。

 

  1. Lower protein foods may be indicated, but rarely do we need to use the more poorly tolerated “full renal diets” (such as Hills K/D, or Purina NF). Instead, we have found the lower protein levels (approximately 17-18% crude protein) in some senior, weight loss or sedentary diets is sufficiently low in protein to level out or reverse the azotemia. The protein load in these foods can be cut even further by the use of “fillers” such as cooked rice, and cooked carrots and peas added to the diet.

 

  1. このような動物たちには低タンパク食を指示するが、Hills K/DやPurina NFのような”完全な腎処方食”はタンパク含有量が低すぎるのであまり勧めていない。その代替として、シニア用フードや減量用、低活動用のフードの低タンパク含有量(おおよそ粗タンパク17-18%)が、高窒素血症を改善するに十分な低タンパク含有量だということを発見した。これらのフードのタンパク負荷は、調理した米(ご飯)や火を通したニンジン、豆類などを“混ぜて”フードに加えることでさらに抑えることができる。

 

  1. All vitamin doses, such as the daily canine or feline vitamin/mineral administration as well as the weekly higher potency human vitamin dose, can be cut in half in these dogs and cats. (half a tab BID for most dogs, a quarter tablet BID for smaller dogs and cats).

 

4.全てのビタミン投与量、毎日の犬猫用ビタミン/ミネラル剤や、週に1回与える高濃度の人用ビタミン剤などは、これら腎不全併発犬猫の場合は半量に落とす。(ほとんどの犬では半錠 BID、小型犬や猫では1/4錠BID)

 

  1. Amino Acids weekly remain the same and may even be increased to twice a week if any loss of muscle tone or mass is seen.

 

  1. 週に1回のアミノ酸投与は変更せずそのまま継続し、筋肉の正常緊張状態が損なわれたり、筋肉量の減少が見られたら、むしろ週2回に増量するほうがよい。

 

  1. In cases of high or worsening BUN/creatinine levels, a full renal diet may be needed. Some dogs have needed IV fluid diuresis, in serious cases and others have been maintained on Sub-Q fluids at home. Some pets have stabilized after single IV diuresis treatments, others need monthly maintenance treatments.

 

  1. BUN/Creが重度に増加又は悪化している場合では、完全な腎処方食を与える必要があるかもしれない。犬によっては利尿を促すための静脈点滴療法が必要となる。重症例や他の場合でも、自宅での皮下点滴で維持する方法もある。1回の静脈点滴による利尿療法だけで改善した症例もあるし、1ヶ月にわたる維持療法が必要だった症例もある。

 

Other Medical Issues to Note In Fanconi Dogs: Many Fanconi dogs show extremely high liver enzyme levels. Alk phos, SGOT, cholesterol, SGPT and triglycerides should be followed, but even in cases, for instance, where alk phos was noted at over 900, in only a few cases was liver disease ever seen, and in those cases, it was cancer each time. These elevations have not been noted as significant in feline patients.

 

ファンコーニ犬におけるその他の医学的問題

多くのファンコーニ犬たちは、極端に高い肝酵素値示す。ALP, SGOT, コレステロール,

SGPTTGなどはモニターしておくべきだが、たとえそのような場合でも例えばALPが900以上でも、たった数例だけが本当の肝疾患が見られただけで、それらは腫瘍だった。これらの値の増加は、猫においては重要ではないだろう。

 

T4 Levels. It is worth doing a thyroid check on these dogs, as many Basenjis are hypothyroid, but please wait to do your T4 level until after the acid/base balance has been restored, as uncontrolled Fanconi can lead to inaccurate” false positives” for thyroid disease.

 

 

T4:

これらの犬たちでは甲状腺のチェックはしておいたほうが良い。多くのバセンジーが甲状腺機能低下症である。しかし、酸塩基バランスを改善するまではT4値の検査は待った方が良い。十分にコントロールされていないファンコーニでは、甲状腺の”2次的低下”が引き起こされることがある。

 

Surgical Management in these dogs and cats is unchanged from an unafflicted pet, except their emergence from general anesthesia may be prolonged and hypoxia and hypercarbia can both create a severe stress on the kidney, worsening their Fanconi. Thus, I recommend allowing the dog or cat to wake up on some supplemental oxygen and not extubating the patient until they have strong breathing patterns to avoid hypercarbia from hypoventilation. With prolonged (>48 hour) NPO situations, the addition of IV sodium bicarbonate to maintenance IV fluids should be considered to prevent recurrence of acidosis from bicarbonate loss. Sodium Bicarbonate 8.4% (1 mEq/ml of bicarbonate) can be added to IV fluid and infused at 2 to 5 mEq per Kg of body weight over 4 to 8 hours to address acidosis.

 

ファンコーニを持つ犬猫の外科手術管理

ファンコーニを持つ犬猫の外科手術管理については、ファンコーニを持たない犬猫たちとなんら変わりはない。しかし、通常の麻酔状態から緊急事態が発生した時には通常より長引く可能性があり、低酸素状態、高炭酸ガス状態が腎還流に対し大きなストレスをかけ、ファンコーニが悪化する。それ故、私自身は、このような犬猫の麻酔では、より長く酸素化した状態で覚醒させること、低換気状態からの炭酸ガス過剰状態を回避するため、しっかりとした自発呼吸までは、患者の抜管をしないこと推奨している。より長期のNPO(訳注: Nil per os: 飲食制限)状態(48時間以上)が続く時には、重炭酸喪失によるアシドーシス再発防止のために、さらに重炭酸ナトリウムの静脈投与を考慮しなければならない。重炭酸ナトリウム8.4%(重炭酸1mEq/ml)を静脈投与し、体重1kgあたり2-5mEqの濃度に調節して、アシドーシスに注意しながら、4-8時間以上かけて投与する。

 

Medical Management of Fanconi pets, once controlled, is the same as any other pet. There are no medical or pharmacological considerations.

 

ファンコーニ動物の医療管理は、一旦良好にコントロールできれば 、他の健康な動物と(身体的にも行動的にも)同じである。それ以上の医学的あるいは薬学的検討は必要ない。

 

UTI Prevention. Many Fanconi dogs have benefitted from the addition of a” human” cranberry extract capsule (O.T.C. product, administered daily, as it acidifies the urine (which is overly alkaline due to the lost bicarbonate load. This has been a great adjunct in preventing UTI’s, in dogs with this chronic problem, and may be considered in all Fanconi dogs as an additional therapy.

 

尿路感染症対策

多くのファンコーニの犬が”人用の”クランベリー抽出カプセル(OTC製品) の投与で効果がある。毎日投与し、尿を酸性化する。重炭酸喪失で尿がアルカリに傾くからだ。これは、尿路感染症の予防に大きな効果を発揮するサプリメントだ。特に慢性的な尿路感染症をもつ犬や、ファンコーニを持つ犬の全症例で考慮してもよいだろう。

 

UTI Treatment. While “best practice” in medicine is to only prescribe antibiotics when a bacterial infection has been confirmed, this does not apply in cases of Fanconi, where a thickened and trebeculated bladder wall, as well as thickened renal parenchymal tissue can lead to loculated (walled-off) micro-infections. These pinhead-size infections have been documented on MRI of Fanconi dogs kidneys, but are nearly impossible to document in the standard office setting. Since these micro infection sites are walled off they may shed no casts or cells to be seen on urinalysis, and even a C/S may come out negative, even though the pet is symptomatic for UTI (urgency, increased thirst, pain, frequency of urination, leaking at night). Thus, best practice in a Fanconi dog is to treat anything that symptomatically is a UTI as if it is one. Employ whatever broad spectrum antibiotic you would usually use to treat a UTI, for a seven- to ten-day run. If there is an infection present, it should resolve starting, on average, in 48 hours. If it does not resolve, then it is time to use other diagnostics to check for tumors, etc. If it resolves and returns after the antibiotics are completed, then we know it was an infection and needs another run of a different class of antibiotics due to incomplete “kill” of the organism.

 

尿路感染症の治療

細菌感染が確認されていれば、通常、“最良の治療”は抗生物質の投与であるが、これはファンコーニの犬には当てはまらない。ファンコーニでは、膀胱壁が肥厚、萎縮しており、同様に腎実質組織が肥厚し、それが周囲を壁で取り囲むような小胞状の(walled-off)の細菌感染原となっているからだ。これらの微小な感染は、ファンコーニの犬の腎臓のMRI画像検査で確認されているが、一般的な動物病院の施設でこのような微小な細菌感染発見することはほとんど不可能に近い。

これらの細菌感染部位が、壁に囲まれた中に隠れているので、尿検査で見られるような細胞や円柱が見つからない。動物が膀胱炎の症状(切迫感、喉の渇きの増加、痛み、頻尿、夜間の排尿失敗)を呈していても、尿検査でC/S( 訳注:culture/sensitivity: 培養/ケトン/感受性試験)すら陰性になる。ファンコーニの犬の最も良い治療は、尿路感染のような症状を呈しているものはなんでも治療するということである。通常使っている広域スペクトラムの抗生物質をなんでもいいので、7-10日間投与する。感染が存在する場合は、投与開始後平均48時間で効果が見られるはずだ。それでも改善しなければ、腫瘍などを疑い他の検査を行うべきだ。抗生物質が終了して一旦完治したがまた再発する時には、それは確かに感染症だったが、まだ”抗生剤が効いていない細菌を“殺す”ために他の種類の抗生物質の投与が必要であるとわかる。

 

Note that dogs” leaking” urine should first be treated for potential UTI, but if leaking persists, treatment with a single dose of Phenylpropanolamine (PPM) an hour before bed has helped many dogs (and owners) sleep through the night, without” accidents”.

 

注意

“尿漏れ”の犬は、最初にまず尿路感染を疑い治療する。しかし、それでも尿漏れが改善しない時には、フェニルプロパノラミン(PPM)を、寝る1時間前に1錠投与してみる。多くの犬が、これで一晩“何の問題もなく”ぐっすり眠れるはずだ。もちろん飼い主も。

 

 

GME-Granulomatous Meningio encephalitis – This is a multi-site spinal cord and/or brain tumor we have seen in some cases of Fanconi. It may or may not be related. This disease can manifest in many ways, but the visual cortex is one site often affected, thus visual/musculo-skeletal weakness or pain can be early indicators. CT scan with contrast can “illuminate the tumors, although newer diagnostic techniques exist. Treatment with prednisone has slowed the progress of this fast growing lesion, but if GME is suspected, please contact a veterinary neurologist, as new and better treatment options may be available.

 

GME: 肉芽腫性髄膜脳炎

この多発性の脊髄脳腫瘍を、我々はファンコーニの何頭かで経験した。ファンコーニと関連性があるのかないのかは定かではない。これはいろいろな検査で発見確認されているが、大脳視覚野は罹患する部位の一つであり、そのため視覚/筋骨格系の虚弱や疼痛が初期の症状として現れる。他の検査でも可能かもしれないが、コントラストをつけたCT画像では、腫瘍が認められている。プレドニゾンの投与はこの腫瘍の速い成長を遅らせる効果があるが、GMEが疑わしければ、脳神経専門の獣医師と新しい治療法のオプションがないか相談してほしい。

 

Other Seizure Activity- Since azotemia, uremia, dehydration, metabolic acidosis and electrolyte disturbances can all contribute to seizure activity in dogs, we have encountered both isolated event, as well as epileptic llifetime seizure activity in our Fanconi patient population. Our observation is that while phenobarbital has been a proven and inexpensive treatment modality, it is both sedating and over time, hepatotoxic. Potassium Bromide has been used with less effect, in some dogs. Our observations indicate that the administration of OTC B6 (pyridoxine) given 100mg BID (Only B6, not a B Complex Vitamin) can increase the circulating GABA in the brain and thus increase the seizure threshold.

 

その他の発作症状

高窒素血症、尿毒症、脱水、代謝性アシドーシスや電解質異常のどれもが犬に対しひきつけ発作を起こす原因となりうる。我々は、ファンコーニの患者で“生涯にわたる”てんかん発作を持つ犬や、単発に発作を起こした症例のどちらも経験している。我々の所見では、フェノバルビタールが安価で効果が確認された治療法であるのだが、その作用は鎮静作用であり、また同時に長期投与では肝毒性がある。臭化カリウムは効果はやや落ちるが、使っている犬もいる。我々は、OTCのB6(ピリドキシン)100mg BID(ビタミンB6だけで総合ビタミンB剤ではない)が脳内を循環するGABA(ギャバ)を増加させることができ、その結果発作の閾値を上昇させることができると考えている。

 

B6, in combination with newer anti-seizure medications, such as Zonisamide (dosed 5mg/kg BID), is more effective, non sedating and has not revealed any hepatotoxic effects. It has been considered safe for cats as well, but with less apparent efficacy. As of this publication, other new medications are available, such as Felbamate, Levetiracetam (Keppra). (Both non-sedating), and even Gabapentine are being used successfully for treating seizures. Always consult with a veterinary neurologist, however, as new and effective anti-seizure medicines are being added to the list frequently.

 

ビタミンB6 と最新の抗てんかん薬、たとえばゾニサミド(5mg/kg)との併用はより効果的で、これは鎮静するのではなく、肝毒性もない。猫にも安全だが、やや効果は少ないように見える。今ここに述べている薬以外にも、フェルバメイト(Felbamate)やレベティラセタム(Levetiracetam)(Keppra)もまた使うことができる。どちらの薬も鎮静ではなく、ギャバペンティン(Gabapentine)も発作治療に使われ、効果がある。しかし常に新しいより効果的な治療薬が治療リストに加えられていっているので、脳神経専門の獣医師に相談するべきである。

 

 

Venous Blood Gas Technique: Since Venous Blood Gas analysis is crucial to diagnosing and treating this disorder, I want to refresh all clinicians on some basic technique facts.

 

静脈血液ガス検査手技

ファンコーニの確定診断や治療に静脈血液ガス検査が必須なので、基本テクニックの実際をすべての臨床医に再確認してもらいたい。

 

  1. Always use a specific dry lithium heparin syringe or one that has had a drop of heparin pulled in, swished about and squirted back out. (Heparin “wash” technique).

 

1)常に特殊な乾燥リチウムヘパリンシリンジまたは1滴のヘパリンを吸引し、混和し余分なヘパリンを出したシリンジを使うこと。(ヘパリン“ウオッシュ”テクニック)

 

  1. After drawing venous blood (never arterial) into the syringe, expel all air, roll syringe barrel in your hands for ten seconds to mix in the heparin, then run the sample in the machine or cap it airtight.

 

2) 静脈からシリンジへ採血し(動脈でないこと)、空気を全て押し出し、ヘパリンを十分混和するために手の中でシリンジの筒を10秒間転がす。その後測定器の中に血液サンプルを注入するか気密状態で密閉する。

 

  1. Normal VENOUS values should be pvO2 of about 30-55, normal pvCO2 of 45, normal HCO3 of 24, and Base Excess of 0.

 

pvO2 静脈酸素分圧の正常値は30-55で、pvCO2 静脈二酸化炭素分圧正常値は45、HCO324、BE (塩基過剰)はゼロである。

 

If your sample cannot go directly from dog to machine, then cap the barrel airtight, place it inside a Ziplock-type bag, and immerse the bag in a cup of freezing ice water and ice. This should keep the sample viable and accurate for up to 35-40 minutes.

 

もし血液サンプルが犬から採血してすぐに測定できない場合、シリンジの筒を気密性に密閉し、Ziplockのようなビニール密閉袋に入れて氷水や氷を入れた容器内に直ちに入れる。このようにして35-40分以内に測定すれば、そのサンプルの測定値が信頼できる正確さを保つことができるだろう。

 

Additional Links: Some veterinarians feel more comfortable having a sample blood sent to PennGen Laboratories at the University Of Pennsylvania School Of Veterinary Medicine to confirm the specific amino acid losses in their patients. If you choose to do this, but already have a dog with bicarbonate losses seen on a venous blood gas, please DO NOT delay onset of treatment pending the PennGen test. These additional weeks of delay can result in additional, and permanent, renal impairment.

http://research.vet.upenn.edu/InstructionsforSampleSubmission/tabid/554/Default.aspx

 

追加のリンク

獣医師の中には、ある種のアミノ酸喪失を確認するために、ペンシルベニア獣医大学のペンゲンPennGen検査所に血液サンプルを送っている獣医師もいるが、この検査を行う場合でもすでに静脈血液ガス検査で重炭酸喪失が明らかな場合は、この検査の結果を待って治療を先送りしてはならない。この検査結果を待っている数週間の治療開始の遅れが、永久的な腎機能損傷を招いてしまう可能性があるからだ。

http://research.vet.upenn.edu/InstructionsforSampleSubmission/tabid/554/Default.aspx

 

There is an online “owner support group” for those treating ANY Fanconi pet. A lot of good information, help and support is available through its approximately 250 members with Fanconi dogs of many breeds. You may wish to provide the link to your patients owners: fanconidogs-owner@yahoogroups.com

 

オンラインでファンコーニのどのような動物の”飼い主もサポートしているグループ”もある。多くの有用な情報、サポートが、多岐にわたる犬種のファンコーニに関わるおよそ250人の会員から得られる。もし飼い主に対し、このリンクを教えてあげたいと考えるなら、下記のアドレスにアクセスするよう伝えると良い : fanconidogs-owner@yahoogroups.com

 

 

 

Basenji Companions has several articles on Fanconi Syndrome, which would apply to all pets:

http://basenjicompanions.org/category/health-and-safety/fanconi-syndrome

 

Basenji Companionsバセンジーコンパニオンズはファンコーニの幾つかの論文を掲載している。これは全てのペットに適応できるものである。

http://basenjicompanions.org/category/health-and-safety/fanconi-syndrome

 

 

The Basenji Club of America has information in their section on Basenji health:

https://www.basenji.org/joomla/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=166&Itemid=292#FanconiSyndrome

 

Basenji Club of Americaアメリカ バセンジークラブは、Basenji health(バセンジーの健康)というセクションで情報を提供している。

https://www.basenji.org/joomla/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=166&Itemid=292#FanconiSyndrome

 

Since nutrition is critical in managing Fanconi, here are three superb sites which review pet food quality

 

http://www.dogfoodscoop.com/

 

http://www.dogfoodadvisor.com/ (also includes information on pet food recalls)

 

http://www.dogfoodanalysis.com/what-is-the-best-food-for-my-dog.html

 

栄養についてはファンコーニの管理において治療の可否を左右するような重要事項であるため、ペットフードの質についてのよくまとめられているサイトを3つほど挙げておく。

http://www.dogfoodscoop.com/

 

http://www.dogfoodadvisor.com/ (also includes information on pet food recalls)

 

http://www.dogfoodanalysis.com/what-is-the-best-food-for-my-dog.html

 

 

Assistance Policy: Please be aware that specific treatment advice and suggestions can only be offered directly to veterinary doctors and their staffs. Dr. Gonto cannot offer any medical information directly to owners and has no wish to come between any owner and their veterinarian. Dr. Gonto is exclusively a free-information resource to the veterinary community, sharing the information gleaned from observing thousands of cases over almost three decades.

 

支援のポリシー

個々の症例についての特別な治療アドバイスや提案については、直接診療した獣医師や病院スタッフでなければできないことを御了承ください。Gonto医師は、飼い主の方に個別に直接医療的アドバイスは提供できません。また飼い主と主治医である獣医師の間に介入することも望んでいません。Gonto医師は、獣医療界に限って無料で医療情報を提供しており、約30年にわたる数千件の症例から集めた情報を獣医師やそのスタッフと共有することを望んでいます。

 

The prior Protocol is available on multiple websites and has been veterinarian-translated into many languages including Japanese, German, and Russian. I freely welcome the translation of this new Protocol in any language needed, so long as it is accurate and complete in the new language.

 

以前のプロトコールは多くのウェブサイトで閲覧可能で、獣医師が日本語、ドイツ語、ロシア語など多くの言語に翻訳しています。この改訂版も必要であれば、いろいろな言語への翻訳は嬉しい限りですが、新しく翻訳する場合、必ず正確にそしてその完全に翻訳することを心がけてください。

 

Contact Information: Dr. Gonto is always available to assist with a Fanconi case, on a voluntary basis, and is best reached via email at outdoc@aol.com.

 

コンタクトインフォメーション

Gonto医師は、いつでもファンコーニの症例のサポートが可能です。これはGonto医師の純粋なる好意によるもので、Gonto医師と連絡を取りたい場合、emailで(訳注 英語で)下記のアドレスにお願い致します。

outdoc@aol.com

 

In a” dire” emergency, he can be reached via phone, between 6-8 p.m. EST. at (912) 598-5067

 

“差し迫った”緊急事態の場合は、電話対応も可能です。

午後6-8時(EST アメリカ東部標準時間) 電話番号:(912)598-5067

 

IMPORTANT NOTICE-This Protocol card is intended ONLY as a tool for qualified veterinarians to use as an aid in diagnosing and treating Fanconi. It is shared with owners and breeders only for the purpose of providing it to their veterinary professional. In NO CASE should anyone attempt to diagnose or treat Fanconi on their own, without the specific guidance of their veterinarian. Fanconi is a potentially fatal illness and should be treated as so, by a qualified veterinarian only. Any attempt by an untrained individual to treat their dog using the outlined therapies here can result in catastrophic results for their pet. Also, please note your vet may choose not to use any or all of the recommendations herein, as they are most familiar with your pets unique medical needs and situation.

 

重要事項

このプロトコールは、ライセンスを持つ獣医師がファンコーニの診断治療を目的として使用するあくまで一つの指針として提供しています。飼い主やブリーダーの方々には、それぞれの主治医である獣医師とこのプロトコールの内容を共有するためのみに提供しています。獣医師以外の人は、獣医師の専門的アドバイスを受けること無く、自分たちだけでファンコーニを診断しようとしては決してなりません。ファンコーニは潜在的には致死的な疾患であり、ライセンスを持つ獣医師によってのみ治療しなければならないのです。この概略のみのプロトコールを用いて安易に何の訓練もなされていない一個人が治療を試みることは、動物たちを悲劇的な結末に追いやることになりかねません。また、主治医がこのプロトコールの中で推奨されている項目をそのまま行わないかもしれないということも覚えておいて下さい。主治医の獣医師たちは、自分たちの患者であるあなた方のペットの特異な治療法や状況を十分熟知しているはずです。

 

Legal Disclaimer; the author assumes no liability for the results or issues resulting from the use of any of the recommendations made in this Protocol. No medical or treatment advice is being offered directly to owner or breeders. No expectation of performance, nor guaranteed result or outcome is either promised or implied. The information here represents both the current best practices in veterinary medicine combined with the authors accumulated data, based on years of experience assisting veterinarians with Fanconi cases, accumulating input from various veterinary and human specialists, as well as working with his own Fanconi dogs. A great deal of knowledge has been obtained based on the lab work and clinical feedback from many veterinarians treating pets using the Protocol recommendations worldwide for almost three decades. The information here is shared freely in all cases, and is provided on a totally voluntary basis as an aid and informational resource to veterinarians, who are expected to make their own calculations, use their own clinical knowledge, and judgment, as well as obtaining their own findings in treating their Fanconi patients.

 

法的免責事項

著者はこのプロトコール内で示した推奨事項を用いたことによって生じた結果、事象についていかなる責任も負いません。飼い主やブリーダーに個人的に直接治療することも治療のアドバイスをすることも一切ありません。プロトコールを実施した結果、成果はその効果を約束、保証されるものではありません。ここに述べられている情報は、現在の最上の獣医療と著者が何十年にも渡り、治療に参加しサポートしてきた経験に基づいて、ファンコーニの症例を集積したデータを合わせたものであり、様々な獣医師や、自分の飼い犬のファンコーニ携わっていた獣医師以外の多くの専門家の意見を反映したものです。およそ30年にわたってこのプロトコールを用いてファンコーニの動物たちを治療してきた世界中の獣医師からのフィードバックや検査結果をもとに多くの情報や知見が集積されてきました。

ここに書かれている全ての情報は、あらゆる症例に自由に利用してもらうため、ファンコーニを治療する獣医師の一つの情報源として、完全に無償で提供するものです。獣医師の皆さんには、ファンコーニ動物の治療に際し、ご自身で診察し、獣医師としての知識を用いて判断し、このプロトコールを治療計画に役立てていただけたら幸いです。

 

Acknowledgements: I wish to recognize with limitless gratitude the patience of my, wonderful, multi-talented wife in supporting, and participating, in the untold hours spent helping owners and veterinarians over the last three decades. As many who have called my contact number (our home phone) at all hours of the day and night can attest, she has become quite the expert at Fanconi management in her own right, and I have received many compliments, over the years, about her caring advice, so freely offered.

 

謝辞

私はこの30年以上、世界中の獣医師や飼い主へのサポートに言葉では言い尽くせないほどの多くの時間を費やしてきたが、いつでも忍耐強くそれを二人三脚で手伝ってきてくれた素晴らしい実に優秀な妻に限りない感謝の気持ちを表したい。昼夜を問わずかかってきた長時間の電話(私たち個人の自宅の電話)があまりに多かったので、当然のことながらとうとう妻は完全にファンコーニの病気管理のエキスパートになってしまった。私は何年にもわたり、彼女の親身なアドバイスに対してたくさんの感謝の言葉をいただいていたので、彼女にもアドバイスをまかせてきた。

 

I must also recognize my lovely daughter, who missed many hours of quality” dad tim”e, as I would be glued to the phone or later the computer, assisting on Fanconi cases from all over the globe, seven days a week, and at some very odd hours (in our time zone, anyway). I must admit, however, that her exposure to my work with Fanconi was at least partially responsible for sparking her interest in science and medicine. One example was her ability to care for our non-Fanconi Basenji, who did suffer from severe epilepsy. One morning, when she was no more than ten years old, she greeted us with, “good morningh, by the way, Topper had a seizure last night. I made sure he was safe, and his airway was clear. Once it passed I let him go outside, then sent him back to bed. I didn’t think it was worth waking you up for just that”. She continues to amaze us with her skill and prowess, as she works treating autistic children.

 

 

また私の愛する娘にも感謝の気持ちを伝えたい。私が毎日毎日世界中からのファンコーニのサポートの要請で、いつも電話やコンピューターに張り付き、時には(我々の時間帯としては)非常識な時間帯であったが、私が“父親”として共に過すべき大事な時間を費やしてきてしまった。しかし、ファンコーニに対する私の仕事ぶりに常日頃接していた娘が、医学や科学に大きな興味を抱くきっかけを少なくともある部分は担ったと私は認めざるをえない。その一例として、ファンコーニではないが、重度のてんかんを持つ我が家のバセンジーに対して、娘は素晴らしいケアの能力を発揮していた。ある日の朝のこと、まだ娘が10歳になるかならないかだったが、彼女は「おはよう」と言って私たちを迎えた。そして、「ところで、トッパーTopperは昨夜発作が起こったの。私はすぐトッパーが大丈夫かどうか、呼吸に問題がないか確認したわ。それからトッパーを外に出してまたベッドに戻したの。それほど問題はなかったから、お父さんを起こさなくていいと思って」と娘が言ったのだ。彼女は今も自閉症の子供たちの治療に携わり、その優れた能力を発揮して私たちを驚かせている。

 

I wish to also recognize Betsy Polglase, a pillar in the Basenji community, with great appreciation for her time, writing expertise, sharp eye and bright mind, and decade’s long friendship, in helping make the Protocol a useful tool from the very beginning, with her generously volunteered, and most expert editing. Betsy was founder and President of Basenji Companions, a wonderful, international support and friendship group for pet Basenji owners. Using that forum, she also started compiling Fanconi Protocol survival data, not only on Basenjis, but open to owners of all afflicted pets. Mrs. Polglase was also a founder and past president of the Bay State Basenji Club, and over the years was involved in obedience, agility work, as well as Basenji rescue and adoption. Her commitment to this breed and to pet痴 health in general has been clearly demonstrated by her incredible effort in helping monitor and support Fanconi pet owners online, as well as her great effort in helping make the various iterations of this Protocol a much more readable and useful aid for veterinarians to use, worldwide.

 

私はまたBetsy Polglase,にも謝意を表したい。彼女はバセンジー飼い主のコミュニテイの中で中心的存在で、鋭い視点と聡明な心、長年にわたる友情で、非常に早い時期からプロトコールを有用な治療法として普及させるため、専門的な知見を書いてくれた。彼女は喜んで無償で引き受けてくれた上、最も優秀な編集者でもあった。BestyはまたBasenji Companionsという団体の設立者でもあり、会長でもあった。Basenji Companionsは、バセンジーの飼い主を国境を越えて心からサポートしてくれる素晴らしい団体だ。そのフォーラムの場で、彼女はファンコーニにプロトコールを用いた場合の生存期間のデータを収集し始めた。しかもバセンジーに限らず、全てのファンコーニに罹患している動物の飼い主に広く門戸を開いた。

Polglase 夫人(Mrs. Polglase)もまたthe Bay State Basenji Clubの設立者であり元会長で、何年にもわたりアジリティの普及に努め、同時にバセンジーの保護や譲渡にも力を注いだ。彼女はこの犬種やペット全般の健康に関心を持ち、ファンコーニ動物の飼い主たちをオンラインでサポートやモニターの手助けすることに心血を注いだ。彼女はまた様々な方法で繰り返しこのプロトコールを世界中の獣医師にもっと読んでもらえるように、利用してもらえるようにと努力を惜しまなかった。

 

None of this work would have been possible without the initial information and invaluable contributions of the late Dr. Kenneth Bovee of University of Pennsylvania School of Veterinary Medicine, and an early pioneer in defining Fanconi, of the University of Georgia School of Veterinary Medicine, whose guidance and assistance with Benjis’ care and the early Fanconi research, helped put the final pieces in the” Fanconi puzzle”, and finally, Dr. Jerry Case, a superb veterinarian and great friend, who worked tirelessly to bring clinical reality to my theories and ideas. Even in his retirement, his daughter Dr. Carla Case McCorvey continues to advance the work of veterinary care and helps me care for my current Fanconi fur kids, thus allowing me to further polish this Protocol to the benefit of all Fanconi patients.

 

ペンシルベニア獣医科大学のKenneth Bovee 先生(Dr. Kenneth Bovee)による初期の情報や言葉に尽くせないほどの貢献無くして、この大きな作業の何も成しえなかった。そしてファンコーニの定義における初期のパイオニア、ジョージア獣医科大学のJeanne Barsanti先生, (Dr. Jeanne Barsanti)のバセンジーのケアやファンコーニの初期のリサーチへの指導や援助、“ファンコーニというパズル”の最後のピースを埋める作業を手伝って頂いた。そして最後に優秀な獣医師でもあり、友人でもあるJerry Case先生( Dr. Jerry Case)が精力的に私の理論や考えに臨床的な裏付けを与えてくれた。彼が現役を退いても、彼の娘、Carla Case McCorve先生(Dr. Carla Case McCorve)が獣医療における治療法の研究を続けて、私のしっぽのついた小さなファンコーニ患者たちのケアのためのサポートを続けてくれた。このことがさらにファンコーニのプロトコールを改善させてくれることになり、すべてのファンコーニの患者がその恩恵を受けていることだろう。

 

Finally, I must recognize Cenji (Little Miss Satin Cenji), a calm, patient and most long suffering, but never fussing, gentle soul of a Basenji, for whom this Protocol was developed. Had she not been such a good sport and a fierce, but stoic fighter against Fanconi, this Protocol would never have come into being. Rarely has one dog痴 life touched so many pets and humans across the globe.

 

最後に、忘れてはならないのが、”Cenji”(Little Miss Satin Cenji)だ。彼女は穏やかで忍耐強く、最も長い闘病だったが、決して我々を煩わせることもなく、バセンジーの心優しい魂を持っていた。このプロトコールは彼女がいたからこそできあがったのだ。彼女はとても協力的でファンコーニという病気と闘う強い戦士だったからこそ、このプロトコールを開発することができた。彼女のようにこんなにも多くの世界中の動物や人に影響を与えるような一生を送った犬なんてそういないだろう。

 

 

Feel free to copy, print, translate, share, upload, download or link to this Protocol. It may be added to any website, and translated into any language. The only request is that ALL the information contained herein is shared ACCURATELY and IN COMPLETE FORM, and is reproduced LEGIBLY.
このプロトコールをコピー、印刷、翻訳、共有、アップロード、ダウンロード、リンクなどにどうぞ自由に使っていただきたい。ウェブサイトに転載したり、いろいろな言語に翻訳されるかもしれない。私からの要望はただ一つ、それはこのプロトコールにあるあらゆる情報を全て正確に完全な形で、そして わかりやすく読みやすい形で書いてほしいということだけです。

 

 

 

contents-01_img_01

医療従事者の方向けfor Health Care Professionls

お問い合わせはこちら

獣医療関係者の皆様とファンコーニ症候群に関する情報や共有を目的としているため、一般の方々への医学的なアドバイスや使用方法等を説明する目的のものではございませんのでご了承下さい。